• 図録紹介図録紹介
  • commingsooncomminsoon
  • 音声ガイド音声ガイド

音声ガイド

音声ガイドナレーターは声優・江口拓也さんに決定!!
ご自身でも料理が好きな江口さんによる江戸のグルメガイドをお楽しみに!

江口拓也さん(声優)

江口拓也(えぐちたくや)プロフィール

5月22日生まれ、茨城県出身。声優。
主な出演作品は「ULTRAMAN」 諸星弾役、「俺物語!!」剛田猛男役、ゲーム「アイドリッシュセブン」六弥ナギ役、そのほかラジオパーソナリティなど多方面に活動の場を広げている。

【音声ガイド情報】
〈ナレーター〉
江口拓也さん(声優)

〈内容〉
声優・江口拓也さんによる展覧会の見どころ紹介、ボーナストラックには展覧会サポーターのナイツさんが弥次喜多に扮して登場です!

〈貸出価格〉
1台600円(税込)
※新型コロナウイルス感染症対策として、音声ガイド機の消毒を徹底しています
※感染予防の観点から接触を減らすため、釣銭のないようご協力をお願いいたします
※新型コロナウイルス感染症対策の一環として、ヘッドホン類の貸し出しはございません。
 ご持参いいただける場合には使用可能です。(ただしステレオミニプラグのもの)

〈監修〉
安村敏信

〈企画制作〉
TBS、アートアンドパート

【メッセージ】
スペシャルインタビュー

―「浮世絵」というジャンルは今までどのような印象をお持ちでしたか?

江口さん:昔の風景というか、世の中を映し出している印象はすごくありました。

―ナレーターとしてお声がけさせていただいた際「おいしい浮世絵展」と聞いて、第一印象はいかがでしたか?

江口さん:“おいしい”浮世絵ってどういうことなんだろう?!って思いました(笑)資料をいただいた時に「あ!そういうことか!」と。浮世絵を食文化・食のシーンに当てる見方もできるなぁ!とも思いました。それに、当時の宿場とか、名物が描かれた浮世絵を見た江戸の人たちがいて、さらに彼らが実際にその場所へ行ってみる、という文化もすごく面白いです。

―料理がお好きとお聞きしていますが、本展の内容はいかがでしたか?

江口さん:当時家の中で火を扱っちゃいけなかったんだ!とか気づきがありました。「ああそうだったんだ!」と思って(笑)外食の文化がにぎわっていったのが興味深かったです。

江口拓也さん(声優)

―印象に残った作品はありましたか?

江口さん:そばおいしそうだな!!と思いましたね(笑)いろんなそばの食べ方、最初せいろで蒸していたのがどういう触感なのか気になります。

―「食事」「料理の大切さ」ということで後世に伝えたいことってありますか?

江口さん:いろいろ食べていると、日本食ってすごく情緒があると思うんですよね。「食を楽しむ」ようになるってすごく大人だな!と思います。ただ食べるだけもできますけど、季節のものを楽しむのが毎年の楽しみになるのは生きていく上でも大切なんじゃないかな、と。昔からそういう文化があって浮世絵からも感じられるのは、変わらないものが脈々と受け継がれていて面白いと思いました。

―音声ガイドの収録を終えていかがでしたか?

江口さん:浮世絵を通して、その時代の人々の暮らしを共有したり感じたりできるのは、ある意味タイムスリップというか追体験というか。不思議と昔のことなんですけど、今にも受け継がれているものを感じるのはいい嗜みだなと思いました。

―ありがとうございました!